CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
生きる
生きる
生きる
監督 黒澤明
出演 志村喬、千秋実、金子信雄(1952年 日本)
amazon.co.jpより
無気力な日々を過ごしてきた公務員の渡辺(志村喬)は、ガンで後半年の命と知らされ、恐れおののき、嘆き悲しんだ末、市役所に懇願する人々の願にこたえて公園を作ろうと努力していく…。

黒澤明鑑賞第2弾。
主演の志村喬は「七人の侍」の時とは大違い。・・でもないか。
非常に穏やかそうな人のさらに穏やかで繊細な演技がとても良い。
展開も早くストーリーもわかりやすい。
主人公の生き方が変わる場面での「HAPPYBIRTHDAY」の歌など、
気がつきにくいけど洒落た演出も素敵に思えた。

古くても新しさがあり、非常に勇気付けられる作品である。
「不幸は人に真理を教えるもの」などの名言もたくさん発掘できる。

それにしても人間は地位や名声を手に入れると、
いや手に入れなくても年を重ねれば意固地になるものだ。
見ていて腹立たしいが、いつの時代でも変わらないものなのだろうか。
盛りだくさんの内容で、非常に素晴らしい映画だった。(★★★)拍手
| 映画 | 20:57 | comments(2) | trackbacks(5) |
バトルロワイヤル 特別編
バトル・ロワイアル 特別篇
バトル・ロワイアル 特別篇
監督 深作欣二
出演 藤原竜也、前田亜季、ビートたけし、山本太郎、柴咲コウ、塚本高史
(2001年 日本)
新世紀教育改革法に基づき無人島で中学生が殺し合う。

つい最近起こった事件もこの映画が話題になった。
ちょっと前にもあったし、この映画で中学生の事件がどれほどおきたのだろう。
封切り当時に話題になり大ヒットしたが、
あまり興味が無く今まで観ようとも思わなかったが・・。

邦画としてはアクション性も高いし、そういう意味での面白さはわかる。
そして自分は一応大人なので、きっとこういうメッセージだろうというものは
なんとなくだけどわかる。
が、これは大人に対してのメッセージではないだろうし、
まあR15指定といっても、今の時代は観ようと思えば容易に観れるとはいえ、
この映画を観て欲しい年代は一応観れないので意味が無いのではと思った。
ただ、深作監督が考える以上に今の子供は快楽主義で直接的なところがあるから、
何でこんな映画があるのかという事より、やってみたいとなるのであろう。

宮崎勤事件以降、あれだけ子供にはこういうものを見せるなといっておきながら、
ホラー以外の分野でもどんどんこういうバイオレンス映画が増えている。

感想といえば、この映画は日本では珍しくとにかく女性が強いということだけかな。
なるほど、真似する子は出てきそうな映画だ。(☆)
| 映画 | 19:28 | comments(3) | trackbacks(1) |
僕がどんなに君を好きか、君は知らない
THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.2 -Ballads-
THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.2 -Ballads-

大そうな題名にしてしまったが、何のことは無い
昔ヒットした歌の題名である。

今日レンタルビデオ屋に行った時にこの歌が流れていた。
もう何年前の歌だろう。懐かしさと思い出に泣きそうになった。

あの頃はもうすでに今の相手と順調に付き合っていたのだが、
この歌を初めて聞いた時には体に電流が走るほど衝撃を受けた。
ボクはそれまで恋に興味が無いというか、
恋におちてもいつもノンケの人だった。
別に選んでそうしていたわけでもなく、
普段の生活の中で人を好きになってしまっていたから確率的にそうだっただけだ。

好きになってはいけないのに、いや好きになっても仕方ないのに、
考えれば考えるほど好きになってしまう。
あきらめているくせに、気に入られようとしてしまう。
相手にも気づかれたいような、でも遠ざけられる事を思えば我慢するしかなかった。
そんな恋ばかりであった。

今の相手と知り合う前にようやく自分がゲイだと開き直れるようになり、
そういう恋が賢くなかったことに気がついた。
でもまだ相手がゲイだという前提を探ってから恋におちるということには、
いささか不自然さを感じていた。
そんなこんなで今の相手と知り合い今に至るが、
今のような恋愛を知らなかった青さをこの曲が胸に蘇らせてくれたのだ。

今日聞いたのは楠瀬誠志郎の方だった。
が、もうなかなか手に入らない。
昔は楠瀬誠志郎が好きでCDも持っていたのだがどこかにいってしまった。

まえふりも無く思い出の歌を聞くと、悲しかった事や楽しかった事が蘇る。
後ろ向きではなく、思い出の歌は生きる糧になればいいと思っている。
失くしてしまったのはCDではなく、当時の情熱なのかもしれない。
| 日常 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
七人の侍
七人の侍
七人の侍
監督 黒澤明
出演 三船敏郎、志村喬、加東大介、宮口精二、稲葉義男、木村功、
千秋実、津島恵子 土屋嘉男、藤原釜足、高堂国典、
左卜全、上田吉二郎、東野英治郎、
脚本 黒澤明、橋本忍、小国英雄
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
美術 松山崇
Amazon.co.jpより
時は戦国時代。夜盗化した野武士の横暴に苦しむ農民たちは、侍を雇って村をまもろうとする。かくして集められた7人の男たちの活躍をダイナミックに描いた、巨匠・黒澤明監督の堂々3時間30分に及ぶ、古今東西の映画史上永遠に残る名作中の名作。
(1954年 日本)

実は最近観た「ヤマカシ」という映画で、
リュック・ベッソン監督が「七人の侍」「荒野の七人」に敬意をはらって?、
主役の「ヤマカシ」の人数を七人にしたと何かに書いてあった。
未だに黒澤明を観ずにいたのでやはり代表作からという感じで観た。
自分は実は古い白黒映画は最近の映画を観る時とは確実に気持ちが違い、
ちょっと構え、時間差でのニュアンスの違いやギャップがあるのでは?
という不安がつきまとい、結局借りない事が多かった。
でも観るとすべて面白いものだった。まあ超名作ばかり観たのであるが。

細かい描写の意味合いはつかみきっていないが、
最初からグイグイストーリーに引き込まれていった。
「おもしろい」「楽しい」
CGもまだ無い頃だから、とにかく役者の本気さも(今ももちろんそうだが)、
迫力となって伝わってきて本当に興奮した。
どこが黒澤明の味かはまだつかめていないが、
長編映画でも何度も観てみたいという気持ちになれる映画だった。
もう一作品ぐらい観て感動したらDVDパックでも買おうかなとさえ思った。

現代では木村拓哉がイイ男と崇める人が多いが、
ルックスは確かに綺麗だろうけど、自分は一度たりとも魅力的に思った事は無い。
ドラマも観た事はないし、たぶんこれからもそうであろう。
自分でもなぜそこまで嫌いかはわからなかったが今回はっきりわかった。
自分にとって役者としてのイイ男は三船敏郎のような人だったのだ。
もちろんセックスをしたいとかそんな事ではない。
イイ男なんだけどイイ男じゃない〜だけどイイ男。
説明はできないが、3枚目を演じても嫌味が微塵も無く、
その3枚目っぷりもかっこいい。
一生懸命演じているのもわかるが、わからないぐらいさらりと自然な演技。
役者に命をかけていますなんだけど、重くない。
こんなにかっこいい俳優がいたことなんて知らなかった。
やはりさすがの世界の黒澤、世界の三船である。

でも実は自分が密かにかっこいいと思った人は、
七人の中で最初に死んでしまった人で、名前を調べたら千秋実だった(驚)。
侍はみんなかっこよかったし、ストーリーも良かった。
そして何よりも綺麗で粋な日本語の会話が素晴らしかった。(★★★)拍手
| 映画 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
女の子
うちのキョヌは女の子(猫)。今4ヶ月ぐらい。
来春になったらさかりがついてスゴイんだろうな。
まだまだ先の事だし、その前には不妊手術した方がいいのかなあ・・と。

ところがところが。
昨日今日とキョヌの様子が変である。
甘え声ばかり出して擦り寄ってくる。まさしく猫なで声。

まだまだ猫には無知でわからないが、
ひょっとすると女の子として目覚めたのかもしれない。
さかりがつく季節でなくても家の中にいるし、
その上、こんなに温度差が激しいと人間でなくても体はおかしくなるであろう。

マタタビの粉はあるが興味をしめさない。
でもお尻をつきあげて誘うような歩き方やポーズをとる。
目が合えば普段の5倍くらい甘えてくるし、
これはやはりお目覚めであろう。

でもこういうときどうしていいのかわからずオロオロ。
んんんん。やはりボクには女の子は永遠に謎のままなのだろう。
| 日常 | 20:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/32PAGES | >>