CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< グーニーズ | main | シンドラーのリスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
小泉首相
先日、ネットサーフィンというか、
ネットの流し読みをしていて気になる記事があった。
その時はそれほど気にも留めていなかったのだが、
時間がたつにつれていろいろ考えや思いが湧いてきたので書き留めることにした。

それはもしも小泉孝太郎が、レポーターか何かでイラクに行き、
行った先で今回のような誘拐があったら小泉首相はどうしただろうかということだ。

今回の事件で、小泉首相は誘拐された人たちの家族と会うことも拒み、
自己責任だから自衛隊は撤退させないと言い切った。
もちろん、裏で助けられるだけのつてや方法などがあったからこその断言かもしれないが、息子に銃を突きつけられても、突っぱねられたであろうか。

自分は最初からこの首相が嫌いであったからこその批判かもしれないが、
マスコミへのアピールや露出が好きな割には突飛な事をされる時がある。
年金未払いの大臣たちの問題は「忘れたものはしょうがない」で済ませている。
国民の払い忘れが続けば財産の差し押さえ、その前に督促状が嫌と言うほどくるだろう。
忘れたならしょうがないで良いのなら国民が払わなくなる可能性もある。
が、彼らはそうなれば税率を引き上げたり手を変えて徴収するのだろう。

誰がやっても同じと言われても、本当に同じなのだろうかと、
ますます首相への不審は高まるばかりだ。
| 日常 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanta.jugem.cc/trackback/113
トラックバック