CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 幸せ | main | 残念無念 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天ぷら
お金が少なくなってくると作る料理の筆頭は天ぷら。
そういう時は精進揚げというか、常時あるような野菜(たまねぎとか)で。
でも今日は海老が安かったので天ぷらちゃんとした版にした。

揚げ物は楽でイイヤと思っていたのだが、
小ぶりだから数はそこそこある海老を処理するのはちょっと面倒だった。
殻を剥き、背わたをとり、切れ込?(丸まらないために)を入れ・・。

その処理の途中から油を熱し、
急いで野菜を切り、野菜を揚げ、その最中にまた海老の処理の続き。
野菜をすべて揚げ終わる頃には海老の処理は終えた。
海老を揚げ始め、華を咲かせ、その間にちょこちょこかたずけ。
料理云々よりも自分が誇れるのは、かたずけをしながら料理ができること。
目を放している間に海老が丸まっていた。
「アレ〜?」「・・・・」
切込みが足りなかったのか温度のせいなのかちょっと腹が立った。

もうイイヤとどんどん揚げていき、
最後の何匹かで気がついた。切込みがお腹の方に入っているのだった。
そりゃあ余計に丸まるや・・・と、急いで背中の方に切込みを入れたが、
もうお腹の方に入ってる分、浅くしか入れられず、
それでも丸まりかけ程度の海老天となった。
せっかく久しぶりの海老料理なのに、いや久しぶりの海老料理だからか間違えたのだ。

ちょっとがっかりしながら、天つゆを作ってる間に、
ガスレンジの掃除も調理器具の掃除もすべて終えた。
大根おろしは好きだが作業的に疲れるから嫌いなので相手にやってもらう。

これがとある日のうちの夕食。

30才を過ぎてからなぜか海老が好きになって、
海老の時は気合を入れて作るのだが、いつもどこか間が抜けてしまう。
どうせ丸まるならもっと大きな海老ならば良かった。伊勢海老とか・・。
次回の海老料理は来月になるだろう。
今日の失敗をこうやって書き留めて、来月はうっかりしないようにしよう。
| 日常 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanta.jugem.cc/trackback/144
トラックバック