CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 女の子 | main | 僕がどんなに君を好きか、君は知らない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
七人の侍
七人の侍
七人の侍
監督 黒澤明
出演 三船敏郎、志村喬、加東大介、宮口精二、稲葉義男、木村功、
千秋実、津島恵子 土屋嘉男、藤原釜足、高堂国典、
左卜全、上田吉二郎、東野英治郎、
脚本 黒澤明、橋本忍、小国英雄
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
美術 松山崇
Amazon.co.jpより
時は戦国時代。夜盗化した野武士の横暴に苦しむ農民たちは、侍を雇って村をまもろうとする。かくして集められた7人の男たちの活躍をダイナミックに描いた、巨匠・黒澤明監督の堂々3時間30分に及ぶ、古今東西の映画史上永遠に残る名作中の名作。
(1954年 日本)

実は最近観た「ヤマカシ」という映画で、
リュック・ベッソン監督が「七人の侍」「荒野の七人」に敬意をはらって?、
主役の「ヤマカシ」の人数を七人にしたと何かに書いてあった。
未だに黒澤明を観ずにいたのでやはり代表作からという感じで観た。
自分は実は古い白黒映画は最近の映画を観る時とは確実に気持ちが違い、
ちょっと構え、時間差でのニュアンスの違いやギャップがあるのでは?
という不安がつきまとい、結局借りない事が多かった。
でも観るとすべて面白いものだった。まあ超名作ばかり観たのであるが。

細かい描写の意味合いはつかみきっていないが、
最初からグイグイストーリーに引き込まれていった。
「おもしろい」「楽しい」
CGもまだ無い頃だから、とにかく役者の本気さも(今ももちろんそうだが)、
迫力となって伝わってきて本当に興奮した。
どこが黒澤明の味かはまだつかめていないが、
長編映画でも何度も観てみたいという気持ちになれる映画だった。
もう一作品ぐらい観て感動したらDVDパックでも買おうかなとさえ思った。

現代では木村拓哉がイイ男と崇める人が多いが、
ルックスは確かに綺麗だろうけど、自分は一度たりとも魅力的に思った事は無い。
ドラマも観た事はないし、たぶんこれからもそうであろう。
自分でもなぜそこまで嫌いかはわからなかったが今回はっきりわかった。
自分にとって役者としてのイイ男は三船敏郎のような人だったのだ。
もちろんセックスをしたいとかそんな事ではない。
イイ男なんだけどイイ男じゃない〜だけどイイ男。
説明はできないが、3枚目を演じても嫌味が微塵も無く、
その3枚目っぷりもかっこいい。
一生懸命演じているのもわかるが、わからないぐらいさらりと自然な演技。
役者に命をかけていますなんだけど、重くない。
こんなにかっこいい俳優がいたことなんて知らなかった。
やはりさすがの世界の黒澤、世界の三船である。

でも実は自分が密かにかっこいいと思った人は、
七人の中で最初に死んでしまった人で、名前を調べたら千秋実だった(驚)。
侍はみんなかっこよかったし、ストーリーも良かった。
そして何よりも綺麗で粋な日本語の会話が素晴らしかった。(★★★)拍手
| 映画 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:18 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanta.jugem.cc/trackback/166
トラックバック
七人の侍
七人の侍三船敏郎 志村喬 稲葉義男 東宝 2002-10-25 時は戦国時代、貧しい農村を舞台に農民に雇われた七人の侍が野盗と化した野武士達に闘い挑む。  一年にも及ぶ長期撮影期間と一億
| OOH LA LA - my favorite songs | 2006/03/15 5:06 PM |