CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
もみあげ
床屋に行ってきた。

最近床屋で一番気になる事がある。「もみあげ」だ。
最近はもみあげをできるだけ下の方まで生やす方が良い。
まあそんなことは前からわかっているのだが、
自分が良く行くような安い床屋だと、
もみ上げに関して注文をつけなければ、下手したら、
「大介花子」の宮川大介のようなもみあげにされる事もある。
耳の上くらいでスパッと剃り落とされるアレだ。

なので、一応今は必ず注文するのだが、
人によっては最初に言うと忘れる場合がある。
そういうことも笑えないので、もみ上げをいじる手前で注文するのだが、
「もみ上げは長くしておいてください」という言葉を、
まかりまちがってもみあげだけボンと残して、あとは短髪〜みたいな風に
されたらどうしようと思ってしまう。
丹下段平にもみあげだけあるようなかんじ。

今のところそういう目にはまだあっていないが、
2通りの意味にとれる言葉というものは難しいなあ。
でも本当にもみあげだけ長くしておくのも面白いかもしれない。
| 日常 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

うちでは飲用の水を買いに行っている。
正直なところ面倒くさいのだが、一度水道以外の水を飲み始めると、
水道水は飲めたものではない。

昔、林間学校などに出かけると必ず言われた事がある。
水道から出る水は井戸水なので飲んではいけない、お腹を壊すと。
歯を磨く時も出来るだけ飲まないように気をつけ、
喉が渇いたときは食堂に行って白湯を飲むように言われた。

そして東京の水は世界で一番綺麗な水だとも言われた。
しかしいつのまにか東京でも水を買う時代になった。
水道水を飲めばいろいろな弊害があると。

自分はあまり体を過保護にしていると、
ちょっとしたことでも病気になるからあまり過敏になるべきではないと思っていた。
水もしかりである。
生まれた時からミネラルウォーターだけを飲んで育てば、
ちょっとした菌にも抵抗できない体になるのではないのだろうか。
たとえば病院の無菌室でずっと育てば、
僕らが普段生活しているような環境では生きられなくなるのではないであろう。

こんな考えを持っていた自分も時代に流され、
水道の水なんて飲めたものではないと感じるようになってしまった。

昨日友達夫婦とちょっと飲んだ時に、
皆はとっくに浄水器や精水機のようなものは付けていると聞いた。
2〜3日おきにスーパーに何リットルもの水を買いに行く煩わしさからも開放される。

というわけでやっとうちも浄水器を買った。
安いものだけど、様子を見てみようと。

水が臭くなくなったことも良かったが、
何よりも4リットルタンクで水を買いに行かなくなったことが大きい。
でもその分ヒーコラと買い物に行く消費カロリーも減っているわけだから、
その分体を動かさなくては。汗
| 日常 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度(CCCD)
あの素晴らしい愛をもう一度(CCCD)
ビリケン 北山修 オクダケン 岸田衿子 ミヤノタカヒロ


コンビニかスーパーで買い物をしている時にふと流れてきた。
このオリジナルがヒットしていた頃は自分も知らない時代。
だけど中学の頃のニューミュージックブームの頃に初めて聞いた覚えがある。
松山千春やさだまさしばかりが世間受けしている中で、
その当時もきっと「昔の歌」だったこの歌が、
愛も恋も知らない自分の心にもすごく響いた記憶がある。
アレンジが変わっても美しい旋律はあの日のまま。
中学生だったあの頃を買い物しにきたみたいであった。
いいことばかりではなかっただろうが、一瞬だけガラスの心を取り戻した。
今の心はなんだろう。ホーローかな。土鍋かな。まあとにかく輝きは失っていそうだ。
いい歌や音楽でキラキラ出来るなら、
もっともっと音楽も聞いていかなきゃと思った。
| 日常 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーヒー

つい最近まで、自分はコーヒー嫌いだと思っていた。
昔からコーヒーの後味が嫌いというか〜特に夏にのどが渇いてコーヒーを飲むと、
その後のどが渇いてくるのがたまらなく嫌で、
勝手にコーヒー嫌いと決め付けていた。

だけど毎日コーヒーは何杯も飲んでいる。
しかも夏は喫茶店であろうが、自販機であろうがコーヒーを飲んでいる。
家では水か痩せるお茶かコーヒーしか飲まない。

だから、うちの相手から必然的にボクはコーヒーが好きだと思われていたみたいだ。
最近そう思われてる事に気がついた。「こんなにコーヒーが嫌いなのに・・・」

こんなに矛盾した話はないのだが、本当にコーヒーが嫌いなはずだった。
あえて飲めると思っているのはキリマンジャロ。
最近買ったインスタントがまずくて、やっぱりちゃんとしたのを買わないと・・と。

一連の流れに、
三十数年たってようやく自分はコーヒーが好きだと気がついた。
特にキリマンジャロが好きな事もわかった。

なんて遠回りな自分発見なのだろう。
なぜ、かたくなにコーヒー嫌いを自認していたのだろう。
今考えても不思議である。
| 日常 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
美容と健康
ちょうど5月のはじめごろ、きちんとダイエットをしていた。
きちんとというか、まあ順調にサイズダウンし始めていた。
ところが急激にお腹の調子が悪くなり急遽中止。
それは生きるためには当たり前の選択である。
ヨーグルト、オリゴ糖、腸に良い物をこぞって摂取していた。

まあ腸のほうも安定してきたが、
そのかわり、ダイエットした過去もまるごとふいにしてしまった。
つかの間のサイズダウンだった。

お腹が痛くて腹筋もできず、乳製品。
原因は明らかであるが、どちらが大切なのだろう。
もちろん健康が優先であるが、ぶくぶく太ってマンホールに落ちてはまって、
さらに車に惹かれて死んだらと思うと、・・・憂鬱である。
いくら健康に気遣っていても何があるかわからない。
それを考えると複雑だ。
まあ太ってしまう事自体にももちろん不健康な要因があるのだろうが。

夏に裸になろうがなれまいがそんなことは今更どうでもいいが、
健康と美容の取捨選択に、とまどうばかりの毎日である。
| 日常 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/10PAGES | >>